障害(仮)

Posted on 2015.08.26

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>し ょ う が い か っ こ か り</title>
<meta name="keywords" content="鞆の津ミュージアム,アールブリュット,企画展,障害(仮)" />
<meta name="description" content="「障害」≠ 純粋" ////////////////////////////////\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
<meta name="author" content="@boysdadao" />                                     / 今日、「障害者」についての理解およ
<meta name="copyright" content="http://abtm.jp">                                \ び人権の尊重は、以前とくらべて格段
<!--___________________SHOGa___________                                         / に進展してきています。また、障害の
_IKAKKOKARISh__________OGAIk___________                                         \ ある人が生み出した創作物は、展覧会
_AKKOKARISHOGA_IKAKKOKARISHOGAIKAKKOK__                                         / などを介して広く知られるようになり
_ARISHOGAIKAKK_OKARISHOGAIKAKKOKARISH__                                         \ ました。その一方で、メディアを通じ
_OGAI____KAKK__OKARISHOGAIKAKKOKARISH__                                         / 、「頑張る」「純粋」「天才」などと
_OGAI____KAKk_____OKARi_____sHOGA______                                         \ いったステレオタイプな障害者像が、
_IKAK___KOKA_______RISH_____OGAI_______                                         / 相変わらず世の中に流布していること
_KAKK___OKAR_ISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAKK                                         \ も疑いのない事実です。しかし、当然
_OKAR__iSHO__GAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKAR                                         / ながら、障害のある人たちの生き方は
_ISHO__GAIK__AKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHO                                         \ 多様であり、そのような特定の障害者
_GAIK_AKKOk____________________________                                         / 観にもとづいた語り方は、障害のある
_ARIShOGAI_____________________________                                         \ 人たちの現実を適切に伝えているとは
_KAKK__OKAR____ISHOGAIKAKKOKARISHOGA___                                         / いえません。にもかかわらず、「障害
_IKAK___KOKA___RISHOGAIKAKKOKARISHOG___                                         \ 者」に対する思い込みや期待、見るも
_AIKA____KKOk__ARISH___________OGAIK___                                         / のを感動させ勇気づけようとするため
_AKKO____KARI__SHOGA___________IKAKK___                                         \ の誇張などに基づいた紋切型の障害者
_OKAR____ISHOg_AIKAKKOKARISHOGAIKAKK___                                         / 像は再生産され続けているのです。私
_OKAR____ISHOG_AIKAKKOKARISHOGAIKAKK___                                         \ たちは、こうした健常者中心の考え方
_OKAR____ISHOG_AIKAK___________KOKAR___                                         / に対して自覚的にならなければ、意に
_ISHO____GAIKa_KKOKARISHOGAIKAKKOKAR___                                         \ 反して、障害のある人やその表現を排
_ISHOgAIKAKKO__KARISHOGAIKAKKOKARISH___                                         / 除することになってしまうでしょう。
_OGAI_KAKKOKa__________RISHO___________                                         \ 
_GAIK__AKKOk___________ARISH___________                                         / そもそも、人の「心」は他者から見え
_OGAI_______KAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHO                                         \ ません。たとえば、コミュニケーショ
_GAIK_______AKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOG                                         / ンに障害のある人と出会った時などに
_AIKA_______KKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGA                                         \ 、他者の心の見えなさは強く意識され
_IKAK__________________KOKAR___________                                         / ます。そのため、私たちは常に他者の
_ISHO__________________GAIKA___________                                         \ 内面を想像するしかなく、同じ人やモ
_KKOK__________________ARISH___________                                         / ノに対しても、それぞれ異なる想いを
_OGAI__________________KAKKO___________                                         \ 持つことはよくあることでしょう。そ
_______________________________________                                         / の想いはどれも「本物」ですが、一方
_______________________________________                                         \ で、どこにも本当の正解がないという
________________KARIS__________________                                         / 意味では、私たちの日常は「仮想」に
________________HOGAIk_________________                                         \ 満ちていると言えます。このように「
________________AKKOKa_________________                                         / 仮想」と「現実」の関係は表裏一体で
RISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAI_                                         \ あり、それが人々の衝突を引き起こす
KAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKAR_                                         / ことも少なくありません。それでも私
ISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAIK_                                         \ たちは、それぞれの本当の想いを排除
AKKOK___________ARISh____________OGAIK_                                         / することなく、お互いを認め合い、今
AKKOK___________ARISH____________OGAIK_                                         \ とは別の方法で他者を受け入れること
AKKOK_ARISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKA_KKOKA_                                         / が求められているのではないでしょう
RISHO_GAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKAR_ISHOG_                                         \ か?
______AIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKARI_______                                         / 
________________SHOGAI_________________                                         \ そこで本展では、「仮想」と「現実」
____KAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAI_____                                         / の間を往来しているような表現を一堂
____KAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAI_____                                         \ に展示します。私たちが「真実」とみ
____KAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAI_____                                         / なして疑わない日常の虚構性を明るみ
________________KAKKOK_________________                                         \ に出すことがねらいです。本展を通じ
ARISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAI                                         / て、仮想と現実の関係、ひいては障害
KAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKARI                                         \ /健常の境界に光が当てられ、新たな
SHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAK                                         / 視点で日常が見つめ直されることを願
_______________________________________                                         \ います。
______KOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAI______                                         /
______KAKKOKARISHOGAIKAKKOKARISHO______                                         \
______GAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOKARI______                                         /
______SHOGA_________________IKAKK______                                         \
______OKARI_________________SHOGA______                                         /
______IKAKK_________________OKARI______                                         \
______SHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAKKOK______                                         /
______ARISHOGAIKAKKOKARISHOGAIKAK______                                         \
______KOKARISHOGAIKAKKOKARISHOGAI______                                         /
______KAKKO_________________KARIS______                                         \
_______________________________________                                         /
_______________________________________                                         \
_______________________________________                                         /
_____hO______Ga_________________Ik_____                                         \
____AK_______KOk_ARISHOGAIKAKK___Ok____                                         /
___AR_______iSH__OGAIKAKKOKARI____Sh___                                         \
__OG________AIk__AK________________Ko__                                         /
_kA________RIS___HO_________________Ga_                                         \
_Ik_______AKKO___KAKARISHOGA________IK_                                         /
AKK______OKARI___SHOGAIKAKKOk_______ARi                                         \
SHo_____GAIKAK___KOKAR___ISH________oGA                                         /
IK_______A_KKO___KArIS___HOG_________AI                                         \
KA_________KKO__KAR_ISh_oGAI_________KA                                         /
KKo________KAR__ISH_OGA_IKA_________kKO                                         \
_KA________RIS__HOG__AIKAK__________KO_                                         /
_kA________RIS__HO___GAIKA__________Kk_                                         \
__OK_______ARI_SHO__GAIKAKKO_______KA__                                         /
___RI______SHOgAIKaKKO___KARISh___OG___                                         \
____AI_____KAK_KO_KAr______ISh___OG____                                         /
_____AI____________________KAKKOKARI-->
</head>

<body>
<h1>障害(仮)</h1>

<table width=\"550\" border=\"0\" align=\"left\" cellpadding=\"0\" cellspacing=\"0\">
  <tr>
    <th>会場:</th>
    <td>鞆の津ミュージアム</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>会期:</th>
    <td>2015年9月12日(土)〜12月13日(日) 10:00〜17:00</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>観覧:</th>
    <td>一般600円(小学生以下・障がいのある方無料)</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>休館:</th>
    <td>月・火曜日(祝祭日は開館、翌日休館)、11月2日、11月24日は休館</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>主催:</th>
    <td>鞆の津ミュージアム企画展実行委員会</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>協力:</th>
    <td>ミヅマアートギャラリー、ポット出版、就労継続支援B型事業所ハーモニー、ナナロク社、お食事処よしだや、<br />
関西学院大学漫画同好会、京都大学霊長類研究所、齋藤亜矢、林美里、松沢哲郎</td> </tr> <tr> <th>助成:</th> <td>日本財団 </td>日本財団 </tr> </table> <hr />
障害(仮)
<h2>関連イベント</h2>

<h3>【対談】谷川 俊太郎 × 櫛野 展正</h3>
<table>
  <tr>
    <th>日時:</th>
    <td>11月20日(金) 18:30−20:00</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>会場:</th>
    <td>鞆こども園</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>参加費:</th>
    <td>2,000円(小学生以上有料)</td>
  </tr>
  <tr>
    <th>定員:</th>
    <td>100名(要予約)</td>
  </tr>
</table>

●【対談】予約サイト(Doorkeeper)よりお申込み下さい。
<a herf="https://02e3e456efe5f7b02e45c7f2ae.doorkeeper.jp/events/29085"> <<<予約申込はコチラ>>> <a>
<h4>谷川 俊太郎</h4><!------------------------------------------------------------->Photo ©深堀瑞穂 <small>たにかわ しゅうんたろう<small> <p> 1931年東京生まれ。詩人。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。<br /> 1962年「月火水木金土日の歌」で第四回日本レコード大賞作詞賞、1975年<br /> 『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1982年『日々の地図』で第34回<br /> 読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、2010年『トロムソ<br /> コラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エ<br /> ッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。近年では、詩を釣るiPhone<br /> アプリ『谷川』や、郵便で詩を送る『ポエメール』など、 詩の可能性を広げる<br /> 新たな試みにも挑戦している。 </p> <h4>櫛野 展正</h4> <small>くしの のぶまさ<small> <p> 鞆の津ミュージアム キュレーター。 2000年より知的障害者福祉施設職員として<br /> 働きながら、広島県福山市鞆の浦で築150年の蔵を改修しオープンした「鞆の津ミュ<br /> ージアム」でキュレーター他を担当。社会の周縁で表現を続けている人たちに焦点を<br /> 当て、都築響一の有料メールマガジン「ROADSIDER'S weekly」では「アウトサイ<br /> ダーキュレーター日記」を連載中。 </p> <h3>【ライブ】七尾 旅人</h3> <table> <tr> <th>日時:</th> <td>12月5日(土) 18:00−20:00</td> </tr> <tr> <th>会場:</th> <td>鞆こども園</td> </tr> <tr> <th>参加費:</th> <td>2,500円(小学生以上有料)</td> </tr> <tr> <th>定員:</th> <td>100名(要予約)</td> </tr> </table> ●【ライブ】予約サイト(Doorkeeper)よりお申込み下さい。
<a herf="https://02e3e456efe5f7b02e45c7f2ae.doorkeeper.jp/events/32593"> <<<予約申込はコチラ>>> <a> <h4>七尾 旅人</h4> <small>ななお たびと<small> <p> 1979年生まれのシンガーソングライター。1998年のデビュー以来、ファンタジ<br /> ックでメッセージ性の強い歌詞とオリジナリティあふれるメロディで幅広い音楽<br /> ファンを魅了している。ライブ活動も精力的に行っており、ライフワークと銘打<br /> った弾き語り独演会「歌の事故」や、全共演者との即興対決を行う「百人組手」<br /> といった自主企画を不定期に開催。各地のフェスやイベント、Ustream中継など<br /><!--------------------------->Photo ©齋藤陽道 で伝説的なステージを生み出し続ける。 </p> <hr />
<h2>出展作家</h2>
<ol>
  <li>
    <h4>伊勢田 勝行</h4>
    <small>いせだ かつゆき<small>
    <p>
    1968年生まれ。兵庫県在住。学生の頃から<br />
    現在まで、自分で描いたマンガを原作にし<br />
    たアニメや特撮を制作。劇中の主題歌だけ<br />
    でなく、登場人物全員の声まで演じ、独自<br />
    に編み出したアナログな手法で撮影・編集<br />
    をひとりで続けている。
    </p><!--------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>小林 一緒</h4>
    <small>こばやし いつお<small>
    <p>
    1962年生まれ。埼玉県在住。調理師として<br />
    蕎麦屋や給食センターに46歳まで勤務した<br />
    後、アルコール性神経炎を患い歩行困難な<br />
    状態となる。18歳頃から書き溜めたメモ書<br />
    きを頼りに、当時の記憶を呼び起こしノー<br />
    トに自らが食べた料理のイラストと感想を<br />
    描き続けている。
    </p><!--------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>高橋 重美</h4>
    <small>たかはし しげみ<small>
    <p>
    1946年生まれ。岩手県在住。18歳で統合失<br />
    調症を発病し、以来今日まで入院生活を送<br />
    る。鉛筆、消しゴム、ノック式4色ボール<br />
    ペン(黒・赤・青・緑)を使って大学ノー<br />
    トに溢れる夢想の世界を描き続けている。<br />
    以前は、大学ノートの表紙で作った仮面を<br />
    かぶって暮らしていた。
    </p><!---------------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>福島 尚</h4>
    <small>ふくしま ひさし<small>
    <p>
    1969年生まれ。埼玉県在住。4歳の頃から<br />
    鉄道に興味を持ち、記憶をたよりに鉄道の<br />
    絵を描く。何度も色を塗り重ね、車体や信<br />
    号、部品にいたるまで、実物と全く同じ色<br />
    を再現。厚紙を使った鉄道模型や古い切符<br />
    や路線図、時刻表などのレプリカ制作も行<br />
    っている。
    </p><!-------------------------------------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>市原 えつこ</h4>
    <small>いちはら えつこ<small>
    <p>
    1988年生まれ。インタラクションデザイナ<br />
    ー。本展では、スマートフォンでVR(仮想<br />
    現実)を楽しめるパノラマ映像ビューワー<br />
    「ハコスコ」を用いたコンテンツを展示。<br />
    鑑賞者は妄想現実を体験することが出来る<br />
    。出演はパフォーマーの森翔太、監修は神<br />
    経科学者/ハコスコ開発者の藤井直敬。
    </p><!--------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>幻聴妄想かるた</h4>
    <small>げんちょうもうそうかるた<small>
    <p>
    東京都世田谷区にある就労継続支援B型事<br />
    業所「ハーモニー」を利用する精神障害の<br />
    ある人たちが実際に語った幻聴や妄想を絵<br />
    札や読み札に綴った「かるた」。本展では<br />
    、その原画や関連資料などを展示する。
    </p><!---------------------------------------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>三浦 和香子</h4>
    <small>みうら わかこ<small>
    <p>
    1958年生まれ。富山県在住。同県氷見市に<br />
    ある1949年創業の老舗「よしだや」に28年<br />
    勤務する従業員。得意の手芸の技を活かし<br />
    、実際の食品サンプルから型紙をおこし、<br />
    フェルト生地や毛糸などを使って食品サン<br />
    プルを再現制作した。
    </p><!-------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>西川 正之</h4>
    <small>にしかわ まさゆき<small>
    <p>
    1945年生まれ。三重県在住。1979年、長男<br />
    にせがまれて作った角凧がきっかけで、現<br />
    在に至るまで、昆虫や鳥、水生生物など様<br />
    々な形の立体凧を制作し続けている。
    </p><!-------------------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>あそどっぐ</h4>
    <p>
    1978年生まれ。熊本県在住。24時間介助を<br />
    必要とする身体障害(脊髄性筋萎縮症)をも<br />
    つコメディアン。自身の障害をネタにした<br />
    自虐的コメディーを発表。本展では新作コ<br />
    ントを上映する。
    </p><!--------------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>武田 憲昌</h4>
    <small>たけだ のりまさ<small>
    <p>
    1970年生まれ。広島県在住。好きな施設職<br />
    員に関する品々を集めているが、その収集<br />
    の範囲が尋常ではない。好きな職員が残し<br />
    たメモ書きから吸ったタバコの吸い殻まで<br />
    収拾し、引き出しなどで大事に保管してい<br />
    る。本展では、これまで収集してきた品々<br />
    と彼の行動を映像にて展示。
    </p><!-------------------------------------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>会田 誠</h4>
    <small>あいだ まこと<small>
    <p>
    1965年生まれ。現代美術家。本展では、上<br />
    野公園に集まる多くの人たちの中で足下か<br />
    ら水をたれ流し、地面を濡らしながら呆然<br /><!----------------------------------->会田 誠 「上野パンタロン日記」
    と立つ人物のまわりで、それを不可解そう<br /><!----------------------------------->1990 ビデオ(1分10秒)
    に見つめる修学旅行生たちの様子が映し出<br /><!----------------------------------->©AIDA Makoto
    された映像作品「上野パンタロン日記」(1<br /><!----------------------------------->Mizuma Art Gallery
    990年)を上映する。
    </p><!---------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>百瀬 文</h4>
    <small>ももせ あや<small>
    <p>
    1988年生まれ。コミュニケーションに内在<br />
    する虚構性や曖昧さを可視化する映像作品<br />
    を制作。本展では、視力検査の場面を題材<br />
    に、医師/ 被検者間で交わされるメッセー<br />
    ジが恣意的に解読されていく様子を描いた<br />
    「The Examination」を展示する。
    </p><!----------------------------------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>滝本 淳助</h4>
    <small>たきもと じゅんすけ<small>
    <p>
    1954年生まれ。写真家。劇団「東京キッド<br />
    ブラザーズ」の専属カメラマンを勤めた後<br />
    、雑誌などでフリーカメラマンとして活動<br />
    。本展では、自身が見た「夢」を記録した<br />
    『滝本夢絵日記』に掲載された「夢」の原<br />
    画を展示する。
    </p><!----------------------------------->
  </li>
  <li>
    <h4>チンパンジーのアイ</h4>
    <p>
    1976年生まれ。77年より京都大学霊長類研<br />
    究所にて生活。78年より実施されているチ<br />
    ンパンジーの知性研究「アイ・プロジェク<br />
    ト」の中で、文字や記号の学習を開始する<br />
    。本展では、同プロジェクトの一環として<br />
    創作された絵画を展示。
    </p><!----------------------------------->
  </li>                  ©京都大学霊長類研究所<!-------------------->
</ol>

</body>
</html>
 

 
Trackback(0)
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています