「すごいぞ、これは!」展

Posted on 2016.01.15

201601151556532571.jpg

文化庁 平成27年度戦略的芸術文化創造推進事業


「すごいぞ、これは!」

 近年、障害のある作家が制作した作品が日本でのみならず、世界でも大きな注目を集めています。ハンディキャップがあり、また専門の美術教育を受けていないにも関わらず、「創りたいものを創りたいように創る」作家たちから、何物にも代えがたい魅力を放つ作品が現在どんどん生まれてきています。それらの作品は、思いもよらない視点のとりかたや素材の選択、繰り返し描かれるモチーフへの強いこだわり、奔放な想像力で見るひとを驚かせます。障害があるということは、アートに関して言うならば傑出した才能に恵まれているということでもあるのです。
 この展覧会は、「文化庁 平成27年度戦略的芸術文化創造推進事業」として文化庁と、埼玉県立近代美術館に事務局を置く「心揺さぶるアート事業実行委員会」が実施するものです。平成26年度に実施した「障害者の優れたアート作品」についての調査をもとに、全国の美術館学芸員や美術の専門家が「すごい」と推薦する12名のアーティストたちの作品が一堂に会します。

会期:2016年2月2日(火)〜2月10日(水) 10:00−17:00
会期中は無休
観覧無料

会場:
第1会場:鞆の津ミュージアム(福山市鞆町鞆271−1)
第2会場:福山市ものづくり交流館(福山市西町1-1-1 エフピコRim 7F)

主催:文化庁、心揺さぶるアート事業実行委員会、社会福祉法人 創樹会(鞆の津ミュージアム)

 
Trackback(0)
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています