ガタロ

Posted on 2017.06.03







2017052616510946717.jpg
  ガタロ

1949年生まれ。印刷会社やキャバレーのボーイ、日雇いなど様々な職業を経て、現在は、広島市内にある「基町ショッピングセンター」の清掃夫として毎朝働きながら、潜伏30年。自身の仕事道具である掃除用品を描いた絵で知られる。他方、現実社会への疑義を忘れないことを根本理念に、被爆地である広島の歴史と向き合う創作活動を続けてきた。本展では、『饗宴の森』『豚児の村』など原爆や戦争を題材に生み出された作品を展示する。

 
















 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています